先日お散歩をオススメしましたが(こちら)、今日はランニングをオススメしちゃいます。

2年位前、あまりの忙しさに体調が悪くなってしまい、これじゃいかん!とスポーツクラブに通い始めました。

朝方5時頃寝ているとツツーとハナがタレで起きてしまうというナゾの病です(>_<)

耳鼻科に行って調べてもらいましたが原因不明。

薬も処方されて飲んだけど改善されず。

そもそも毎日薬を飲む人生なんて不健全すぎる!体力をつけるべし!とスポーツクラブに行くことを決意しました。

 

最初はウォーキングしてましたが、ちょっと走ってみよ~と最初は5分だけ走り、次は10分だけ走り・・・としていたら1時間位走れるようになっちゃいました(@_@)

これまでの人生でほとんど走ったことなかったのに、人間いくつになっても走れるようになるものなんですね!

走るようになったら、ナゾのハナタレ病もなくなり快適です。

でもそれ以外にも予想外のいいことがありました。

 

1.体重が減った!\(^o^)/

走ると体重って減るものなんですね!

喜ばしいです!パチパチ!

ウォーキングしている人はぽっちゃり型の人が多いけど、ランニングしてる人は細い人多いですよね。

納得です!

 

2.嫌なことがどうでもよくなる!(^_^)/~~

走る前に気になっていた嫌なことが、走った後はどうでもよくなってます!

汗と一緒に流れていくような感じです。

そんなこともあったけどまいっか~という気分になります。

不思議な感覚なんですが、ホントです!

ぜひ一度お試しください(笑)

 

3.よく寝れる!o(^o^)o

前はなかなか寝つけなかったけど、走るようになってからすぐ眠りに入れるようになりました!

眠り自体も深くなったみたいで、睡眠時間も短くなりました。

大きい声では言えないけれど、前は14時間位寝るなんて当たり前でした(>_<)

休みの日なんてお昼頃のこのこと起きだし、ごはん食べてちょっとしたらあらもう日が暮れちゃうなんてしょっちゅう。

それが睡眠時間も10時間位になり(←まだ長い・・・)、休みでもちゃんと朝と言える時間に起きれるようになりました!

そんな効果があるなんてビックリ!

 

一時期仕事が忙しすぎてあまり走れず、走るペースが落ちてしまったけど・・・。

またせっせと走るようにしたいです!

短いマラソンに出ることを目標にしてがんばる方がいいのかなあ~。

 

 

最近お散歩しています。

ちょっとお仕事に疲れてきたなあ~と感じる午後早めの時間にオフィスの近所をぶらぶらと散歩しています。

オフィスは市ヶ谷にあるので近所には豪邸 or 豪邸マンションが多くて、ふむふむ、素敵ね~と思いながらお散歩しています。

と書くと仕事さぼってるように思われますが(ですよね?)、違うんです!

散歩しながら仕事のあれこれを考えるんですよ(^^)

歩く作業って脳が活性化されるのか何だか、なんかひらめくものがあるんですよね~♪

あの件こうやってすすめよう!とか、あれもうちょっとこうしてみよう!とか、あれやってない!とかとか。

あまりに眠い時は会社のマッサージチェアでリフレッシュ(^o^)

眠くないけどちょっと気分転換という時はお散歩(^O^)

ずっと机に座っているよりもよほど効率がいいのでオススメです!

 

 

 

今回は「メトロポールモスクワ」に泊まりました。

公式サイトはこちら(たぶん)。

選んだポイントは

- 立地(モスクワ市街中心部)

- ロシア系(新しいアメリカ系とかではなく)

- ちょっとゴージャス?

ですね。

写真をご覧頂ければわかるように、旧共産圏っぽさがたっぷり残るホテルでした!(笑)

お部屋。広くてゴージャスというより閑散(失礼)という感じ。
P1060566

1階ロビーあたり。
P1060544
P1060542
P1060547

お部屋の前の廊下。やたらめったら広いです。インドだったらここに200人位寝てますね(笑)
P1060561

エレベーター。歴史を感じます。
P1060545

エレベーター前。広々というより閑散(失礼)という感じです。
P1060549

吹き抜け。人が写ってないのは人がいないタイミングを狙ったのではなく、いつもほとんど人がいなかった(笑)
P1060551
P1060550

ブレックファーストルーム。ここはゴージャス!

朝ごはんなし予約だったのですが、この部屋に入りたいばかりに1回だけ食べました(笑)

ハープ演奏つき(笑)

なんと1,800ルーブル(約5,400円)!!!
P1060680
P1060673

「メトロポールモスクワ」泊まってよかったです。満足。うんうん。

いつもなるべく現地っぽいホテルに泊まるのですが、ここも旧共産圏情緒漂ういいホテルでした。

建物は旧共産圏っぽかったけどサービスはちゃんと資本主義だったし。

チケット忘れても取りに帰れたし。(詳細はこちら

楽しいお兄さんたちもいたし。(詳細はこちら

満足です!

 

ホテルだけじゃなく、モスクワに来てほんとよかったです!

ロシアってふつうに個人旅行できないんじゃないかと思われてる方も多いと思うのですが(私も以前はそうでした)、ふつーに旅行できます!

ヨーロッパ(ロシアもヨーロッパだけど・・・)旅行するのと何ら変わりありません!

ビザ取る必要があるくらいかな?

ロシアビザセンターに頼めば大丈夫!(笑)

ニセ警官もいなかったし(笑)

気づかなかっただけかも(汗)

物価が高いのは難だけど、北欧だって高いし。

モスクワおすすめです!

日本からの飛行時間もヨーロッパの中では短い方だし。

行き10時間、帰り9時間、北欧と同じくらい。

みなさまもぜひモスクワへどうぞ!

モスクワハラショー!

ありがとう、モスクワ!

 

 

モスクワではひたすら地下鉄で移動してました。

モスクワ中心地のホテルにしたのでモスクワ市内の観光ポイントは歩いて行けちゃう。

東京でいえば銀座のホテルに泊まってるみたいな感じ(笑)

 

モスクワの地下鉄はホームが立派でした!

ホームそのものというより、ホームとホームの間の通路(?)みたいなところが広くてシャンデリアが素敵なんです。

一説には有事があった時のシェルターになっているとも。

寒い国なので室内は広く暖かくってことなのかもしれません。

車両自体は結構古くて音がうるさいんですけどね(>_<)

以下ぜんぶ地下鉄構内の写真です!
P1060576
P1060577
P1060579
P1060589
P1060590
2014_09_11_19_56_25

モスクワの世界遺産の1つ、「コローメンスコエ」に行きました!

メトロの駅からまっすぐ歩いて5分位で「コローメンスコエ」公園(?)のはじっこにつきます。

そこからさらに公園を5分位歩いて「コローメンスコエ」エリアに到着。

 

入り口の門。立派です。
P1060739

主の昇天教会。正確にはこの教会が世界遺産。 ロシア最古の石造建築らしいです(by ウィキペディア
P1060738

世界遺産の証。
P1060750

その他の建物。
P1060753
P1060718

コローメンスはロシア川沿いにあります。きれいに静かに流れてました。
P1060756

はるか彼方にも見慣れたたまねぎ教会が。
P1060734

「コローメンスコエの歴史」みたいな映像を観たのですが、モスクワから船で遊びに来てみんなでフォークダンスしたり、モスクワっ子のピクニック先として愛されているみたいです。

 

ノヴォデヴィチ女子修道院に行ってきました!

ここはモスクワにある世界遺産の1つです。

他には「クレムリンと赤の広場」「コローメンスコエ」も世界遺産です。

さっそく写真など。

P1060609
P1060604
P1060602
P1060598
P1060593
P1060592

モスクワはわりとどこに行っても入場料の他に写真撮りたかったら「写真撮影代」を払わなくちゃいけません。

ここも「写真撮影代」として100ルーブル(300円)払いました。

それでも建物の中は不可なところが多いけど。

 

この修道院はあちこち修復中で、完全にきれいになるにはあと何年もかかりそうです。

たぶん修復費がかさむので徐々に修復していってるのではないかと推測。

早くきれいになるといいですね!

 

モスクワに行く前は共産主義は宗教禁止だからロシアも無宗教の国になってるのかと思ってましたが・・・全然違いました!

人々は信仰深くロシア正教の神さまを信じているようでした。

教会に入る時に頭からベールをかぶる女性はたくさんいるし、この修道院でも朝のミサが行われていて近所の子どもたちがうれしそうに祝福を受けてました。

まだまだ宗教がリアルワールドなんだなあ~と実感。

 

救世主キリスト大聖堂行ってきました。

えーっと、成り立ち等詳しくはガイドブックをご覧下さい!(笑)

もちろん我らがウィキペディアちゃんでも。(笑)

ロシアって建物が大きいので近くから撮ると見上げる感じになっちゃう。
P1060681

それがいやなら遠くから撮るしかない(>_<)
P1060689

この教会はソ連時代に一度破壊されたけどソ連崩壊後に再建されたそうです。

それはともかく。

この教会のオススメは何といっても地下のおみやげ売り場です!

街中のおみやげ屋さんがひたすらマトリョーシカ&Tシャツなのに比べて、ポストカード、カレンダーなどなど売っていて種類が豊富でした!

モスクワでのスーベニアショップはグム(赤の広場にある百貨店)1階この教会の地下かという位充実してました。

救世主キリスト大聖堂に行かれる方はぜひ地下のおみやげ屋さんにどうぞ!

 

 

ロシア人といえば・・・

ドストエフスキー、jトルストイ、プーシキン、エカテリーナ女王、イワン雷帝、レーニン、ムソルグスキー、プーチン・・・

結構知ってますよね。

私はロシア人ってロシア文学のイメージでした。

よく言えば奥深い重々しい感じ。悪く言えば小難しい感じ。

 

でもイメージとは全然違ってました!

意外にフレンドリー♪

レストランの人も英語がわからなくてもわからないなりにコミュニケーションとろうとしてくれます。

 

クリスピークリームドーナツでドーナツ買ったらお店のお姉さんが一言「here?」

お店の中で食べるの?ってことですよね♪

「ニエット(No)」って言ったらちゃんと袋に入れてくれました。

 

宿泊しているホテルでは受付の兄さんが突然「両替して」って頼んでくるし。

各国通貨コレクションしてるらしいです。

コインはもうj持ってるから紙幣がほしいって。

1,000円札(300ルーブル)両替してあげました(笑)

10,000円札もあるよ~って言ったけど、高すぎていらないって断られちゃいました(笑)

 

ドアマンのお兄さんもジュウジュツ(たぶん柔道)習ってるから日本行きたい!京都行きたい!って話しかけてきました。

お兄さん「日本語教えてほしいんだけど。How do you do?って何て言うの?」

私「はじめまして」

お兄さんノートを取り出して「ハジメマシテ」ってキリル文字で書いてました(笑)

陽気で明るい、ラテンノリのお兄さんでした!

 

 

やってきました、ボリショイ劇場(大劇場)。

オペラ観劇もしたかったけど建物に興味もありました。
P1060470
P1060476

とにかく立派です!ひたすら画像アップします(笑)
2014_09_14_17_21_21
2014_09_14_17_26_15
2014_09_14_17_26_28
2014_09_14_17_33_06
2014_09_14_17_31_53
2014_09_14_17_31_49
2014_09_14_17_28_28
2014_09_14_17_28_06
2014_09_14_17_33_41
2014_09_14_17_35_35
2014_09_14_17_40_20
2014_09_14_17_43_31
2014_09_14_17_45_12
2014_09_14_20_59_17

結構みなさん写真撮ってるのでツーリストも多いんですね。

 

そして舞台と客席はこんな感じです。

Noble floorとはその名の通り、貴賓席がある階のようです。

前日に買ったのに貴賓席の横の席でした。
2014_09_14_17_49_11
2014_09_14_17_47_58
2014_09_14_17_48_08
2014_09_14_17_47_33

劇場に入っただけでも大満足!

そしてオペラ「ボリスゴドノフ」も感動しました!

人間の生声につつまれる感じでとても心地よい一時でした!

 

そして最後のカーテンコールではみなさん写真撮ってたので私も撮ってみました(笑)
P1060661

いかにもオペラ通そうな男性まで撮ってたので大丈夫かな~?って。

ちなみにオペラ通男性、公演中にしゃべってた人に幕間に厳重注意してました。

ありがとう、オペラ通の男性!

 

日本でオペラ(ボリスゴドノフ)のチケットを買おうとしたけど結局買えず・・・

詳細はこちら

 

まあでもせっかくなので観劇しようかなあと「ダメモト」でボリショイ劇場行ってみました。

ガイドブックには別の劇場にチケットカウンターがあるとか書いてあったけど、まずは現地に行ってみました。

劇場正面入り口を入って右側に小さなチケットカウンターがあり女性が一人座っています。

 

私「明日のボリスゴドノフのチケットありますか?」

女性がパソコン相手に調べてくれ、「チケットありますよ~」

えええー、あるんですかっ?!どのへんのお席でおいくらですか?

Noble floor(ノーブルフロア)でたしか3,500ルーブル(約10,000円)であっさり買えちゃいました。

行ってみるもんですね。

 

ちなみに、「ボリショイ」は「大きい」という意味だそうです。

ボリショイ劇場=大劇場、ボリショイサーカス=大サーカス(笑)

 

明日は突然のオペラ観劇。予習しなくては!(笑)