なぜ挨拶をしなくてはいけないのでしょうか?
考えたことはありますか?
礼儀だから?
朝だから?
親に挨拶しなさいと言われたから?
私も子供の頃挨拶するのは嫌でした。
正確に言うと、お友達に挨拶するのはいいのですが、親にこんにちはは?と催促されるのが嫌でした。
そして大人になり毎日挨拶しています。
時々なぜ挨拶するのかと考えます。
礼儀だからするというのでは納得できません。
それでは単なる思考停止ですよね。
するものだからする、ではなく、する意味を考えることが人間なのだと思います。
アメリカに行った時、アメリカって挨拶の社会だなあと思いました。
お店でものを買う時、レストランで食事する時、ホテルでチェックインする時、いつも必ずまず挨拶です。
ハーイ、ハローだけの時もあれば、How are you doing? がついてくる時もあります。
日本では店員さんはいろいろ言うけれど、お客さんは何も言わないという事は多いと思います。
見ていると、何か聞かれても首を振るだけという人も多いですよね。
最近思うのは、挨拶というのは礼儀だからするとか、礼儀正しい人だと思われたくてするとかではなく、自分はちゃんと社会生活を送ることができますよ、という意思表示なのだと思います。
自分1人の世界で生きているのではなく、ちゃんと他人の存在を認めて相手をリスペクトすることができる人間ですよ、という意思表示ですよね。
挨拶をしない人というのは他人と真っ当な人間関係を結ぶ意思がない人だと受け取られても仕方がないのではないでしょうか?
私はあなたとコミニュケーションをとる意思がありますよというアピール、それが挨拶なのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation