会社でLINEスタンプ作ることにしました!

vol.1はこちら
vol.2はこちら
vol.3はこちら
vol.4はこちら
vol.5はこちら
vol.6はこちら

 

LINEでクリエイター登録をしたら「マイページ」ができます。

そこからスタンプ登録したり、売上が見れたり、 どのスタンプが使われているかわかったり(たぶん)するみたいです。

スタンプの審査状況もわかるので申請してから1~2日はみてたのですが、ずっと「審査待ち」のまま。

スタンプ販売経験者によると「審査待ち」でも1か月位かかった、とかあるので、「ずっと先よね~」とのんきにしてしばらく見てなかったら・・・。

なんと、「審査中」になってました!

exam

ひえー、まだ何も準備してない~( ̄0 ̄;)

私の予定では「審査待ち」1か月、「審査」1か月、計2か月だったんですけど・・・。

 

先日スタンプ売上で作者の取り分が減るという発表がありましたよね。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1501/05/news050.html 

確かにその話の中で審査のスピードアップをするとありました。

ありましたけど、取り分の比率が変わるのは2月から、ということは資金を回せるようになるのもそれ以降だろうとタカを括ってたんです・・・。

さすがLINE、やること早いですね!

 

もちろん早い方がうれしいんですけど、スタンプ販売はスタートダッシュが大事!とみなさんおっしゃるので2か月の間に準備しよう~と思ってたんです。

でもあと1か月くらいで販売?

まだのんきにしてる(^o^;)

いえいえ、そんなこと言ってられないので準備がんばります!

 

 

会社でLINEスタンプ作ることにしました!

vol.1はこちら
vol.2はこちら
vol.3はこちら
vol.4はこちら
vol.5はこちら

 

無事1月中に申請が終わりました!

なぜ1月中がよかったのか、その理由はこちら
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1501/05/news050.html

といっても1月中を目指してたわけじゃないんです(^^;

イラストレーターの方が予想以上に早く仕上げて下さったので、自然体でがんばったらあら不思議、1月中に間に合っちゃいました(^o^)/

イラストレーターさん、ありがとう\(^o^)/

 

そして次なる目標はいかに露出を上げるか。

社内でのお楽しみが主な目的とはいえ、せっかくならたくさん使ってほしい!

あまりにも売れないとさみしいですからね(T0T)

 

でも実は売れることよりもかっこよく言えばバイラルマーケティングに興味があるんです(@_@)

かっこいいのかな(・_・?)

バイラル=ウイルス性

バイラルマーケティングなんていうと新しい感じがしますが・・・

まあ言ってみれば「口コミ」ですわ!

なぜか関西のおじさん風。

 

最近はバイラルメディアとか盛んですよね。

マスメディアはもう完全古い。時代遅れ。人々の生活からかけ離れてる。

SNSも最近は「SNS疲れ」だなんて言われて、今はパーソナルなコミュニケーションツールだそう。

まさにLINEなんですけど。

その一方、ネットの海が広くて深すぎてみんなついていけない。だからキュレーション。

そして最近出てきてるのがバイラルメディア。

あなたはどこまでついてけてますか?

 

それはともかく。

 

要するに、がんばって露出をアップしたらどこまで善戦できるのか?というのが興味あるのです。

広い広い日本全国で考えると、会社の認知度ゼロ、ツイッターのフォロワーほぼゼロ、ブログのPVも限りなくゼロ、FBのおともだちも・・・以下続く(T0T)

そんな状況で一体どこまで拡散できるのか?!

何万というスタンプがあふれている今、露出度アップ以外に売れる道はありません!

それがどこまでいけるのか、身をもって体験したい、それだけです!

vol.7はこちら

 

会社でLINEスタンプ作ることにしました!

vol.1はこちら
vol.2はこちら
vol.3はこちら
vol.4はこちら

 

イラストレーターさんからイラストの修正が届きました。

やはりシーンでお願いし直したのが大正解!

とてもかわいく仕上がっていて大満足!無事スタンプ出そろいました!

 

善は急げということでさっそくLINEにスタンプ申請しなくちゃ、っと。

申請の仕方はこちら↓
https://creator.line.me/ja/howto/

ガイドラインはこちら↓
https://creator.line.me/ja/guideline/

 

スタンプの名前とか説明文とか英語も必要ですが、適当にちょいちょいと入れ、申請完了!

申請作業自体は「名前どうしよう?」とか迷う時間も入れて1時間位だったかな?

スタンプの名前は「がんばるミケ」←ミケ猫だから←安直(^^;

審査完了が楽しみです!

vol.6はこちら

 

会社でLINEスタンプ作ることにしました!

vol.1はこちら

vol.2はこちら

vol.3はこちら

 

待ってました、イラストレーターさんからスタンプがきました!

こちらが40個スタンプのシーンとかセリフとかを決めてお願いしたので、その通りに作成してくれました。

とってもキュート。むっちゃかわいいです!

 

・・・なのですが、一部修正をお願いしました。

お願いしたイラストレーターさんはすごくスキルが高い方で、イラストの表現力や想像力・創造力ともすばらしいのですが、感情だけって難しいみたいですね。

「トホホな感じ」とか「しんどい感じ」とか。

無茶ぶりすぎ?(>_<)

 

セリフがあったり、「お休みなさい」とか、具体的なシーンがイメージしやすいものはイラストにしやすいみたいです。

イラストをかかれる方にとっては当たり前かもしれないのですが・・・。

こちらも初めての発注で学習しました!

 

なので 「座布団に座ってお辞儀してる」とかシーンで改めてお願いし直してみました。

果たしてどんな感じになっているか楽しみです!

vol.5はこちら

会社でLINEスタンプ作ることにしました!

vol.1はこちら

vol.2はこちら

 

LINEクリエータズスタンプは2015念1月21日現在、45000個位販売されてます(>_<)

こんな大海原にとびこまなくちゃいけないのはちょっとビビります(@_@)

果たして売れるのか?!以前に、目にもとまりませんよね(T0T)

いくら会社のお楽しみとはいっても販売する以上は多少は売れてほしいと思うのが人情です。

全然売れないんじゃスタッフの士気にも影響します。←きっと。たぶん。

 

ということで、google先生に聞いてみました。

そしたらなんと・・・

クリエイターズスタンプを登録したり(売る側)、かわいいスタンプを探したりする(買う側)サイトがいっぱいあるんですね!

いつの時代もはやってるものには誰かがサイトを作ってくれるんですね~。

 

サイトを作ってくれたどなたか、ありがとう!

 

新着スタンプがトップページにあります!カテゴリー別、タグ別でも検索できますね。

http://www.stampers.me/

 

ワード検索もできますし、男性向き、女性向きなどのカテゴリーも。

http://stampoo.net/

 

タグ別検索機能あり!

http://forestamp.net/

などなどいっぱいありました!

 

(勝手にリンクさせてもいいんですよね?)

 

しかも、販売する前から登録して目立たせたりするみたいです。

COMING SOON!ってことですね。

へー、そんなものなんですね!

披露できるようになったら登録したいと思います!

vol4.はこちら

 

 

会社でLINEスタンプ作ることにしました!

vol.1はこちら

 

さっそく会社でスタンプ会議(笑)

お楽しみ企画なので会議は自由参加にしたのですが、なぜか全スタッフ参加(笑)

スマホな人もそうじゃない人も。

 

ターゲットはやはり20代~40代の女性。

スタンプを一番使ってるのはその層でしょうということで。

 

一応売れるスタンプの作り方、みたいなサイトも参考にさせて頂きました。

売れるスタンプには6つの法則があるらしいです。

 

丸くて白い動物系が人気とか・・・ふむふむ。

http://smalistblog.com/773

 

実際にご自身で販売してみた反省点・課題点を具体的に書かれています!

http://grassfeel.jp/blog/archives/4963

 

こちらも実際の販売経験から売上金額等データも記載されていて参考になります!

http://teamsanta.info/web/799/

(勝手にリンクさせてもいいんですよね?)

全部で70個くらいのスタンプ候補が上がり、ケンケンガクガク40個に減らしました。

そのスタンプほしい!、とか、これとそれはダブってるから削除、とか、そんなスタンプ誰も使わない~、とかとか・・・。

 

一通り決まったのでイラストレーターさんに発注しました!

かわいいイラストを作ってくれるとうれしいなあ。

vol.3はこちら

 

 

会社でLINEスタンプ作ることにしました!

といっても自分でイラストかけるわけじゃないので、イラストレーターさんに頼むんですけど(笑)

 

目的は社内でのお楽しみ!

昔でいう社員旅行みたいなものです(ちょっと違う?)

どんなセリフがいいのか、どんなポーズがいいのか、「スタンプ会議」を開いてみんなでわいわい言いながらアイディアを出し合う予定です。

まじめなお仕事ばかりじゃなくて、たまにはみんなで楽しく&一緒にするものがあってもいいかなあと。

 

以前ランサーズで別の目的で猫のイラストを頼んだことがあり、それがむちゃむちゃかわいくてキュート!

なのでその猫ちゃんのスタンプを作りたい!という意見があり、実現することにしたという経緯です。

 

イラストレーターさんへのお支払に原価がかかっているのでその分回収したいとは思いますが、目的は「お楽しみ」なので、何が何でもたくさん売りたい!というわけじゃないです。

 

でもせっかく作るからにはたくさん買ってほしいなあとは思います。

金銭的にというよりは、達成感的に。

 

ふふふ、楽しみです!

vol.2はこちら

 

 

 

 

仕事にミスはつきものですよね。

人間だもの。

 

わが社はマーケティングリサーチをなりわいとしています。

人間が注意深く間違えないようにしながら数多くの工程をこなしています。

できる限りシステム化してはいるものの、まだまだ人間が行う工程が多いです。

 

人間が行うことにミスはつきものです。

人間の辞書に完璧と言う言葉はありません。

 

わが社でもチェックリストを使うなどして、なるべくミスが発生しないようにしています!
しています!が、それでもミスは起こります(ToT)

ということで本日はミスのお詫びおよび今後の対策をお話にクライアントに行ってきました・・・。

自分のミスではなくてもスタッフのミスがあればお詫びする、それが上に立つ者の仕事でもあります・・・。

 

何度かお詫び行脚をしていると、いいのか悪いのか分かりませんがそれなりにお詫びできるようになってきます(>_<)

なんでも場数って大事ですね!

とか、そんな呑気なこと言ってていーんでしょうか?!(笑)

 

1.真摯に謝罪する

初めにまずは何はともあれ謝ります。

多大なるご迷惑をおかけしたのですから素直に率直にお詫びします。

本当に申し訳なかったという気持ちを込め心から謝ります。

つい言い訳をしたくなることもありますが、先に言い訳をするのは逆効果です。

お詫びに行ったはずが火に油を注いでしまうことにもなりかねません。

何はともあれまず謝る、これが大事ですね!

 

2.状況を説明する

誠心誠意謝った後にミスが起こった状況を説明します。

ここでも言い訳は禁物です。

可能な限り客観的にミスの状況を話します。

ここまでは正確にできていたけれどもこーゆー要因があってミスが発生してしまいました等、なるべく理解していただけるよう、そしてくどくならない程度に事実を話します。

そういう状況であれば仕方がないと理解が得られれば尚可!ですね。

 

3.今後の対策を話す

誠心誠意謝り状況も理解していただいた後は今後の対策のご説明です。

大体わが社ではチェックリストを提示し説明します。

人間だもの。ミスは必ず起こります(>_<)

「今後はこのようなことがないように気をつけます」という精神論だけでは何の担保にもなりません。

チェックリストをもとに一つ一つ工程をチェックしてミスを防ぎますと説明するほうがよほど説得力があります。

場合によってはクライアントと一緒にチェックリスト項目の洗い出しをするのもいいですね。

 

そして・・・

場数を踏んだとは言えクライアントにお詫びをしに行くのは楽しいものではありません。

いかにミスを防ぐかこれは常なる課題です。

 

やむなくミスが発生した場合はそれをチェックリストに追加します。

そうすればいつかはすべての工程がチェックリストに付け加えられ可視化してミスがなくなるはずです。

 

またチェックリストがあってもまじめにチェックしない人がいるかもしれません。

そんな時に有効なのは他の人がチェックリストをチェックすることです。

チェックリストの項目を一つ一つ読み上げチェックしたかをチェックします。

人間不思議なもので他人に嘘をつきたくないという心理が働き、チェックをしていないのにチェックしたとは言いづらいようです。

あるいは作業者とは別にチェック者をおいて目を変えダブルチェックするのも有効です。

 

ミス及びその対策については日々悩まされ頭を使っているのでついついアツク語ってしまいますね・・・。

いいことなんだかどうだか・・・(>_<)

 

なぜ挨拶をしなくてはいけないのでしょうか?
考えたことはありますか?
礼儀だから?
朝だから?
親に挨拶しなさいと言われたから?
私も子供の頃挨拶するのは嫌でした。
正確に言うと、お友達に挨拶するのはいいのですが、親にこんにちはは?と催促されるのが嫌でした。
そして大人になり毎日挨拶しています。
時々なぜ挨拶するのかと考えます。
礼儀だからするというのでは納得できません。
それでは単なる思考停止ですよね。
するものだからする、ではなく、する意味を考えることが人間なのだと思います。
アメリカに行った時、アメリカって挨拶の社会だなあと思いました。
お店でものを買う時、レストランで食事する時、ホテルでチェックインする時、いつも必ずまず挨拶です。
ハーイ、ハローだけの時もあれば、How are you doing? がついてくる時もあります。
日本では店員さんはいろいろ言うけれど、お客さんは何も言わないという事は多いと思います。
見ていると、何か聞かれても首を振るだけという人も多いですよね。
最近思うのは、挨拶というのは礼儀だからするとか、礼儀正しい人だと思われたくてするとかではなく、自分はちゃんと社会生活を送ることができますよ、という意思表示なのだと思います。
自分1人の世界で生きているのではなく、ちゃんと他人の存在を認めて相手をリスペクトすることができる人間ですよ、という意思表示ですよね。
挨拶をしない人というのは他人と真っ当な人間関係を結ぶ意思がない人だと受け取られても仕方がないのではないでしょうか?
私はあなたとコミニュケーションをとる意思がありますよというアピール、それが挨拶なのだと思います。

ブログをiPadで書いていて、間違ったキーを押しちゃいました。

そしたら何やらマイクみたいなものが?

もしかして?と思ってしゃべってみたら、音声入力できました!

それがすごいんです!

何がすごいってかなり正確に聞き取ってくれるんです!

ひらがな、漢字、カタカナを使いわけてさらさらと文字にしてくれます。

物理キーボードでの入力と音声入力は結構いい勝負ですが、iPadみたいなソフトキーボードと音声入力では音声入力の方がストレス少なくていいですね!

細かい微修正は必要ですが、大雑把に入力する分にはワンダホーです。

時代の進歩ってすばらしいですね。

タッチタイピングが苦手な方、ぜひどうぞ!