モスクワの世界遺産の1つ、「コローメンスコエ」に行きました!

メトロの駅からまっすぐ歩いて5分位で「コローメンスコエ」公園(?)のはじっこにつきます。

そこからさらに公園を5分位歩いて「コローメンスコエ」エリアに到着。

 

入り口の門。立派です。
P1060739

主の昇天教会。正確にはこの教会が世界遺産。 ロシア最古の石造建築らしいです(by ウィキペディア
P1060738

世界遺産の証。
P1060750

その他の建物。
P1060753
P1060718

コローメンスはロシア川沿いにあります。きれいに静かに流れてました。
P1060756

はるか彼方にも見慣れたたまねぎ教会が。
P1060734

「コローメンスコエの歴史」みたいな映像を観たのですが、モスクワから船で遊びに来てみんなでフォークダンスしたり、モスクワっ子のピクニック先として愛されているみたいです。

 

ノヴォデヴィチ女子修道院に行ってきました!

ここはモスクワにある世界遺産の1つです。

他には「クレムリンと赤の広場」「コローメンスコエ」も世界遺産です。

さっそく写真など。

P1060609
P1060604
P1060602
P1060598
P1060593
P1060592

モスクワはわりとどこに行っても入場料の他に写真撮りたかったら「写真撮影代」を払わなくちゃいけません。

ここも「写真撮影代」として100ルーブル(300円)払いました。

それでも建物の中は不可なところが多いけど。

 

この修道院はあちこち修復中で、完全にきれいになるにはあと何年もかかりそうです。

たぶん修復費がかさむので徐々に修復していってるのではないかと推測。

早くきれいになるといいですね!

 

モスクワに行く前は共産主義は宗教禁止だからロシアも無宗教の国になってるのかと思ってましたが・・・全然違いました!

人々は信仰深くロシア正教の神さまを信じているようでした。

教会に入る時に頭からベールをかぶる女性はたくさんいるし、この修道院でも朝のミサが行われていて近所の子どもたちがうれしそうに祝福を受けてました。

まだまだ宗教がリアルワールドなんだなあ~と実感。

 

救世主キリスト大聖堂行ってきました。

えーっと、成り立ち等詳しくはガイドブックをご覧下さい!(笑)

もちろん我らがウィキペディアちゃんでも。(笑)

ロシアって建物が大きいので近くから撮ると見上げる感じになっちゃう。
P1060681

それがいやなら遠くから撮るしかない(>_<)
P1060689

この教会はソ連時代に一度破壊されたけどソ連崩壊後に再建されたそうです。

それはともかく。

この教会のオススメは何といっても地下のおみやげ売り場です!

街中のおみやげ屋さんがひたすらマトリョーシカ&Tシャツなのに比べて、ポストカード、カレンダーなどなど売っていて種類が豊富でした!

モスクワでのスーベニアショップはグム(赤の広場にある百貨店)1階この教会の地下かという位充実してました。

救世主キリスト大聖堂に行かれる方はぜひ地下のおみやげ屋さんにどうぞ!

 

 

ロシア人といえば・・・

ドストエフスキー、jトルストイ、プーシキン、エカテリーナ女王、イワン雷帝、レーニン、ムソルグスキー、プーチン・・・

結構知ってますよね。

私はロシア人ってロシア文学のイメージでした。

よく言えば奥深い重々しい感じ。悪く言えば小難しい感じ。

 

でもイメージとは全然違ってました!

意外にフレンドリー♪

レストランの人も英語がわからなくてもわからないなりにコミュニケーションとろうとしてくれます。

 

クリスピークリームドーナツでドーナツ買ったらお店のお姉さんが一言「here?」

お店の中で食べるの?ってことですよね♪

「ニエット(No)」って言ったらちゃんと袋に入れてくれました。

 

宿泊しているホテルでは受付の兄さんが突然「両替して」って頼んでくるし。

各国通貨コレクションしてるらしいです。

コインはもうj持ってるから紙幣がほしいって。

1,000円札(300ルーブル)両替してあげました(笑)

10,000円札もあるよ~って言ったけど、高すぎていらないって断られちゃいました(笑)

 

ドアマンのお兄さんもジュウジュツ(たぶん柔道)習ってるから日本行きたい!京都行きたい!って話しかけてきました。

お兄さん「日本語教えてほしいんだけど。How do you do?って何て言うの?」

私「はじめまして」

お兄さんノートを取り出して「ハジメマシテ」ってキリル文字で書いてました(笑)

陽気で明るい、ラテンノリのお兄さんでした!

 

 

やってきました、ボリショイ劇場(大劇場)。

オペラ観劇もしたかったけど建物に興味もありました。
P1060470
P1060476

とにかく立派です!ひたすら画像アップします(笑)
2014_09_14_17_21_21
2014_09_14_17_26_15
2014_09_14_17_26_28
2014_09_14_17_33_06
2014_09_14_17_31_53
2014_09_14_17_31_49
2014_09_14_17_28_28
2014_09_14_17_28_06
2014_09_14_17_33_41
2014_09_14_17_35_35
2014_09_14_17_40_20
2014_09_14_17_43_31
2014_09_14_17_45_12
2014_09_14_20_59_17

結構みなさん写真撮ってるのでツーリストも多いんですね。

 

そして舞台と客席はこんな感じです。

Noble floorとはその名の通り、貴賓席がある階のようです。

前日に買ったのに貴賓席の横の席でした。
2014_09_14_17_49_11
2014_09_14_17_47_58
2014_09_14_17_48_08
2014_09_14_17_47_33

劇場に入っただけでも大満足!

そしてオペラ「ボリスゴドノフ」も感動しました!

人間の生声につつまれる感じでとても心地よい一時でした!

 

そして最後のカーテンコールではみなさん写真撮ってたので私も撮ってみました(笑)
P1060661

いかにもオペラ通そうな男性まで撮ってたので大丈夫かな~?って。

ちなみにオペラ通男性、公演中にしゃべってた人に幕間に厳重注意してました。

ありがとう、オペラ通の男性!

 

日本でオペラ(ボリスゴドノフ)のチケットを買おうとしたけど結局買えず・・・

詳細はこちら

 

まあでもせっかくなので観劇しようかなあと「ダメモト」でボリショイ劇場行ってみました。

ガイドブックには別の劇場にチケットカウンターがあるとか書いてあったけど、まずは現地に行ってみました。

劇場正面入り口を入って右側に小さなチケットカウンターがあり女性が一人座っています。

 

私「明日のボリスゴドノフのチケットありますか?」

女性がパソコン相手に調べてくれ、「チケットありますよ~」

えええー、あるんですかっ?!どのへんのお席でおいくらですか?

Noble floor(ノーブルフロア)でたしか3,500ルーブル(約10,000円)であっさり買えちゃいました。

行ってみるもんですね。

 

ちなみに、「ボリショイ」は「大きい」という意味だそうです。

ボリショイ劇場=大劇場、ボリショイサーカス=大サーカス(笑)

 

明日は突然のオペラ観劇。予習しなくては!(笑)

 

赤の広場にレーニン廟があります。

廟といってもお墓ではありません。

冷凍保存されたレーニンにご対面できるところです。

営業時間(失礼)は10時00分~13時00分。

 

ガイドブックに大きなカバンやカメラは持ち込み不可、「荷物預け所」に預ける必要あり、とあったので手ぶらで行きました。

人が20人位並んでいるところがあったので後ろに並んだのですが、みなさん結構大きなカバンとかカメラとか持っていて、大丈夫なのかな?と思いつつ待ってました。

10分位待ったら観光客をしきっていた女性警官(たぶん)が「ススンデヨロシイ」と言ったので(たぶん)、みんなでぞろぞろと進みました。

廟エリア手前に金属探知ゲートがあり(空港によくあるもの)、カバンは横にある机に載せ体だけ通過させて、ほとんどみんなOK。

 

あれ?みんな大きいカバンやカメラ持ったままだよ?

廟エリアにはお墓が並んでて、みんな気楽に写真とか撮ってるし!

スマホ持ってくればよかった~(泣)

 

廟の建物内は静かで、しゃべってる人がいると警備兵(たぶん)が「シーッ」と注意します。

レーニンのいる部屋は広さ100平米位あって(そんなないかも…汗)、3/4周してレーニンを拝ませてもらうようになってます。

ガラス張りの棺の中で静かに横たわっているのですが、スーツにネクタイまでしているのでまるで寝ているよう。

立ち止まることはできないのですが結構ゆっくり見れました(笑)

 

天安門広場で毛沢東ともご対面したのですが、観光客が多くて1時間待ち、廟の中も押すな押すな状態でゆっくりできませんでしたが、それに比べるとレーニンは10分待ちでゆっくり見学(失礼)できるので時間的なコストパフォーマンスがとてもよかったです。

楽しかったのでついつい3回も見ちゃいました(笑)

警備兵には「こいつまた来た」ってバレてたはず(笑)

 

おまけ:

レーニンの遺体は定期的にメンテナンスされてるんですね。

ちょっとコワイです。

http://gigazine.net/news/20070301_lenin/

 

モスクワ観光、まずはクレムリンでしょうということでやってきましたクレムリン。

日本で購入したEチケットがあれば行列も怖くない!とやってきたものの・・・

 

あれれ?

あれれれ?

れれれのれ?

行列ってどこ???

 

窓口2つ開いてたのですが、それぞれ数人並んでるだけ(*_*)

しかもふつうに進んでるようにみえるし(@_@)

どこが2時間待ちも当たり前、なの~?(T_T)

気合い入れて日本でEチケット買ってきたのに!(◎-◎)

Eチケット購入の顛末はこちら

オーマイガーッ!

 

でもまあいっか、Eチケット専用窓口で正規チケットに交換してもらいましょ、っと。

 

あれれ?

あれれれ?

れれれのれ?

Eチケットってどこ?

 

なんとEチケットをホテルに忘れてきたことが判明!

オーマイガーッ!

 

Eチケットのことはきれいさっぱり忘れてふつうにチケット買って入りたかったんですが・・・

だって700ループル(2,100円)だし・・・

ホテル往復すれば楽勝30分かかるし・・・

セーブタイムのためにEチケット買ったのにホテルに取りに帰ったらタイムオーバー(意味不明)・・・

 

でも結局ホテルに取りに帰ることになり、

Eチケット買わない方が早かった!

という結果に(>_<)

おそるべしロシア!(@_@)

 

 

ホテルにEチケット取りに帰り、Eチケットを手にチケット交換窓口に。

やっとこれでチケットに交換してもらえる(^o^)/

 

あれ?

あれれ?

れれれのれ?

 

なかなか前のおばちゃんが終わらない~っ!

のぞきこんだら旅行会社の人か何かで、何人ものチケットを交換してる~っ!(玉砕)

ふつうに進むチケット購入窓口を横目におとなしく待ちました(泣)

 

やっと入れたクレムリン。

えーっと、何かの建物(笑)

すみません、左上の物体は私の指です!(笑)

2014_09_12_12_48_48

割れちゃった鐘。写ってるのはたぶんイタリアからのツーリスト。
2014_09_12_12_59_39

イワン雷帝の作った寺院その1(笑)
2014_09_12_12_56_03

イワン雷帝の作った寺院その2(笑)
2014_09_12_13_02_24

イワン雷帝の作った寺院その3(笑)
2014_09_12_13_03_41

イワン雷帝の作った寺院その4(笑)
2014_09_12_13_04_51

イワン雷帝の作った寺院その5(笑)
2014_09_12_14_00_28

 

イワン雷帝、どんだけ寺院好きやねん!(笑)

 

クレムリン宮殿。立派すぎ(笑)
2014_09_12_14_13_20

社会見学か何かの地元の子供たち。
2014_09_12_13_19_09

 

 

入国審査では後ろからじりじりと割り込みされそうになりながらもブロックし、問題なく通過。

ロシアビザセンターさんありがとう!おかげで無事入国できました!

割り込みはロシアのせいじゃないし(笑)

多少時間はかかったけど隣の列はスムーズだったので、並んだ列が悪かった(泣)

 

空港のATMで無事シティバンクの口座からルーブルをおろすころもできました!

 

空港からホテルまで公共交通機関で行くことに。

ホテルにお迎え頼むのがめんどかったというのも大きな理由 (^o^;)

各国共通「タクシー?」攻撃をくぐりぬけ、エアポートエクスプレスに乗りました。

ビジネス車両(新幹線でグリーン車みたいなの)もありました。
2014_09_11_18_49_50

30分くらいで「ベラルーシ駅」着。

モスクワ ベラルーシ と書かれています。

ベラルーシ駅からはベラルーシ行きの列車が出ているらしい(by歩き方)
2014_09_11_19_40_43

駅はこんな感じ。
2014_09_11_19_40_48

ベラルーシ駅からはメトロに乗り換え。

エアポートエクスプレスは新しくてぴかぴかだったけど、メトロの車両はやや古め?
2014_09_11_19_56_25

 

そして無事ホテルにつきました!

これから5泊お世話になる、ホテルメトロポールモスクワです!
2014_09_13_14_04_28

 

ここまでの感想

ロシアふつうに旅行できます!日本では旅行しにくいとか個人旅行やめた方がいいとか何だかんだ悪評高い(?)ロシアですが、全然そんなことないです!

滞在記録のためにパスポートをホテルに見せる必要があるのですが、あっさりチェックイン手続き内で返してくれました。

ネットでは一晩返してくれなかったとか催促したとかいろいろあったけど、たまたまいいホテルに当たったのか、ノープロブレム!